本サイトは、お使いの端末に最適化されていません。
最新端末でのご利用を推奨いたします。

EXHIBITION

EXHIBITION

出展企業一覧

  • mirantis
    ミランティス・ジャパン株式会社

    プライベートクラウドを構築・運用するお客様を、ベンダーが提供するソフトウエアのバージョン・アップグレードや運用の煩わしさから解放する・・・。ミランティスは、オープンテクノロジーで構成されたMirantis Cloud Platform (MCP) 提供し、CI/CDプロセスを利用した継続的なクラウドのアップデートを実現しました。また、構築(Build) – 運用(Operate) – 移行(Transfer) モデルをマネージドサービスの中で一元的に提供することにより、パブリッククラウドのような利用体験をプライベートクラウドで実現します。ブースでは、弊社が提供するマネージドサービスやその実現を可能にしたMCPを導入事例を含めて紹介させていただきます。

  • NTTCom_e
    NTTコミュニケーションズ株式会社

    基幹系システムのクラウド化を強力に支援すると共に、OpenStackのアーキテクチャーを採用し、IoT/ビッグデータ解析等のデジタルビジネスにも対応する機能を提供中のグローバルクラウドサービス「Enterprise Cloud」。 本展示では、ビジネスユーザーのニーズに更に応えるためのアップデートを中心とした「Enterprise Cloud」のサービス提供内容に加え、OpenStackを社内プライベートクラウドで活用したいお客さま向けのサービスについてもご説明します。

  • fujitsu_e
    富士通株式会社

    OpenStackやCloud Foundry技術をベースにした富士通のクラウドサービスにおいて培った運用ノウハウをプライベートクラウド環境にてご提供するOpenStack関連製品および、Cloud Foundryベースのソリューションを、デモンストレーションを交えてご紹介します。

  • mellanox_e
    メラノックステクノロジーズジャパン株式会社

    I/O、ネットワークの観点からデータベースを Ceph で動作させる際の3つのポイントを紹介します。
    ポイント1:バックエンドネットワークの広帯域化、低遅延化が必須
    ポイント2:高収容効率化のための Erasure Coding が必須だが、コンピュート能力を消費する
    ポイント3:ストレージ技術の進化、RDMA が必要性

  • Supermicro_e
    Super Micro Computer, Inc.

    Multi Node のCompute Node, 大容量のStorage Node, All FlashのStorageやHCIサーバを展示します。 Openstackに最適化されたマネージメントツール(Rack Scale Design)をデモで体験する事が可能です。 個別サーバのサイジングや、ラック単位でのリソース管理方法などご相談ください。

  • CTC_e
    伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

    CTCはOpenStackをはじめ様々なIaaS基盤をベースに企業に対してCI/CDの習慣化、環境の導入と維持のためのご支援をしています。その一環として、ワールドワイドでコンサル~技術支援~構築を行っている米国ソリニア社と協業しています。本展示コーナーでは、それらの活動内容について、クラウドの活用により実現されるソリューションをデモンストレーションを交えてご紹介します。

  • NTTtechno_e
    NTTテクノクロス株式会社 (旧社名 NTTソフトウェア株式会社)

    OpenStackクラウドのマネージドサービス、OpenStackクラウド向け定額制サポートチケットを展示します。OpenStackをベースとしたプライベートクラウドの事例、チケットサービスの導入事例、マネージドクラウドサービスの利点、特徴をご覧いただけます。

  • Nutanix_e
    ニュータニックス・ジャパン合同会社

    NutanixはITインフラをシンプル・柔軟・高性能なものに進化させる『ハイパーコンバージドインフラ』(HCI)のリーティングカンパニーです。Nutanixの管理UIである「Prism」と独自のハイパーバイザーである「AHV」、OpenStackとの連携、および簡易IaaSクラウドを提供する「Prism Self-Service」をご紹介します。

  • ask_e
    ASK Corporation

    3Dゲームの華麗なグラフィックを高速に描画するデバイスとして発展したGPU。しかし、その能力をグラフィック以外の領域でも活用する「GPUコンピューティング」もすでに10年以上の歴史を持ち、「汎用的なアクセラレータ」としての位置づけが定着しているといえるでしょう。 数多くのスーパーコンピューターを含むHPC、高グラフィックスを実現可能なVDI(NVIDIA GRID)、そしてここ数年盛り上がりを見せているAI/Deep Learning、さらにそれらをクラウドでサービスするOpenStackとGPUの連携などGPU活用情報を幅広くお伝えします。

  • OpenStack Days Tokyo 2017 Sponsorship