本サイトは、お使いの端末に最適化されていません。
最新端末でのご利用を推奨いたします。

PROGRAM

参加登録

PROGRAM

Day 1August 2 2018

Day 1August 2 2018

  • 基調講演
  • ミニシアター(展示会場内)
  • Dev/Ops/PaaS
  • コンテナ技術
  • AI/DeepLearning/HPC
  • トレーニング

※表は、横スクロールし全会場をご覧頂けます

時 間
  
Room C+D+E
(基調講演)
Room J+K
(ミニシアター/ 展示会場)
Room B
(Dev/Ops/PaaS)
Room C
(Dev/Ops/PaaS)
Room D
(トレーニング)
Room E
(コンテナ技術)
Room G
(AI/DeepLearning/HPC)
Room H
(トレーニング)
10:00-10:10 CDE-1-1
Opening
長谷川 章博 (AXLBIT株式会社)
10:10-10:50 CDE-1-2 基調講演
Jonathan Bryce (OpenStack Foundation)
”詳細後日”
Abby Kearns (Cloud Foundry Foundation)
”How Flexibility & Open Source Enable Businesses to Shape the Cloud-Native Future”
10:50-11:30 CDE-1-3
”クラウドOSS最先端への挑戦”
日本電気株式会社
11:30-12:10 CDE-1-4 基調講演
秋永 和計 (株式会社NTTドコモ)
”NTTドコモの雲の上に浮かぶAIエージェント戦略”
大西 亮吉
(株式会社トヨタIT開発センター)
“Automotive Edge Computing – ユースケースと要件”
12:20-12:35 JK-1-1
詳細後日
12:50-13:05 JK-1-2
詳細後日
13:20-13:35 JK-1-3
“クラウド基盤を支えるスーパーマイクロのResource Savingアーキテクチャ”
Super Micro Computer, Inc
13:50-14:30 B-1-1OpenStack 上に展開する Container as a Service を本番で利用する為に必要だったこと C-1-1
“インフラのハイブリッドクラウド化、Red Hat OpenStack Platformで実現する!”
レッドハット株式会社
D-1-113:50-15:20
トレーニング
“Azure Container Services for Managed Kubernetes (AKS) ハンズオン”
日本マイクロソフト株式会社
E-1-1
Automotive Edge Computing – ユースケースと要件
G-1-1
Rettyグルメサービスにおける投稿写真解析
H-1-113:50-15:20
トレーニング
“基礎から始める!コンテナ技術入門”
ミランティス・ジャパン株式会社
14:45-15:25 B-1-2
”クラウド上でクラウド開発? CI/CDを2つの「Stack」で運用する話”
NTTテクノクロス株式会社
C-1-2
大規模ウェブサービスの成長に伴うデプロイ手法の変化から見る技術と文化
E-1-2
OpenStack Summit&KubeConからみるコンテナ技術の最新トレンド
G-1-2
“詳細後日”
SoftIron Limited
15:30-15:45 JK-1-4
”AI/マシンラーニング/ディープラーニングはDDNで爆速!”
株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
16:00-16:40 B-1-3
Container Network Security
C-1-3
”Mirantis Cloud Platform が変える、これからのOpenStack・Kubernetes運用”
ミランティス・ジャパン株式会社
D-1-216:00-17:30
トレーニング
“Azure Container Services for Managed Kubernetes (AKS) ハンズオン”
日本マイクロソフト株式会社
E-1-3
“クラウドネイティブとKubernetesの実践手法”
Dell EMC
G-1-3
Googleが考える機械学習の未来
H-1-216:00-17:30
トレーニング
“基礎から始める!コンテナ技術入門”
ミランティス・ジャパン株式会社
16:55-17:35 B-1-4
東芝の新しいサービス「コエステーション」をクラウドネイティブで立ち上げてみた
C-1-4
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
E-1-4
怖くない!コンテナ初心者におくるやさしいKubernetes入門
G-1-4
NTTドコモの雲の上に浮かぶAIエージェント戦略
17:50-18:30 B-1-5
大規模プロジェクトでも1人1人に占有開発環境を
C-1-5
Azureのアーキテクトが語る インフラCI/CDの勘所
E-1-5
エンタープライズコンテナプラットフォーム、どれがええねん
G-1-5
TensorFlowとCloud MLで広がる、現場で使える機械学習
18:30-20:00 Booth Crawl
参加者様交流会
時 間 Room C+D+E Room J+K Room B Room C Room D Room E Room G Room H
Day 2August 3 2018

Day 2August 3 2018

  • 基調講演
  • ミニシアター(展示会場内)
  • Edge Computing/NFV
  • コンテナ技術
  • Dev/Ops/PaaS
  • トレーニング

※表は、横スクロールし全会場をご覧頂けます

時 間
  
Room C+D+E
(基調講演)
Room J+K
(ミニシアター/ 展示会場)
Room B
(Edge Computing/NFV)
Room C
(Dev/Ops/PaaS)
Room D
(トレーニング)
Room E
(コンテナ技術)
Room G
(Dev/Ops/PaaS)
Room H
(トレーニング)
09:30-10:10 CDE-2-1 基調講演
桂島 航
(ガートナー ジャパン株式会社)
”Cloud Nativeが引き起こすグローバルで破壊的な変化”
河 宜成(ゼットラボ株式会社)
”Cloud Nativeを企業に促進させるには”
10:30-11:10 B-2-1
“詳細後日”
Cloud&Heat
C-2-1
”富士通が提案するシステムのモダナイゼーションとクラウドネイティブへの道”
富士通株式会社
E-2-1
”コンテナ基盤 ‘Kubernetes’/ ’Openshift’ on Openstack におけるネットワークの課題とContrail/ Tungsten Fabricでの課題解決”
ジュニパーネットワークス株式会社
G-2-1
”Joint Session (VMware×KDDI): 最新VMware Integrated OpenStack 5.0 と KDDIプライベートクラウドにおける活用事例のご紹介”
ヴイエムウェア株式会社
11:25-12:05 B-2-2
ゼロから始めるOpenStackの高速化 ~DPDKの活用法~
C-2-2
VMware/OSS機能を用いた完全オートメーションへの道
E-2-2
Operator on Kubernetes によって実現する NoOps の世界
G-2-2
”NetAppでつくる、OpenStackストレージ基盤 ~ストレージの選定で気をつけるべきポイント~”
ネットアップ合同会社
12:20-12:35 JK-2-1
”AnsibleからDockerへの実践記”
AXLBIT株式会社
12:50-13:05 JK-2-2
”メラノックステクノロジーズ国内最大級のユーザー事例の紹介と”スマート”なインターコネクトの話し”
株式会社マクニカ
13:20-13:35 JK-2-3
詳細後日
13:50-14:30 B-2-3
オープンなNFVインフラの実状と5Gでの期待(パネルディスカッション)
C-2-3
「作りこまない IoT 」を実現するためのクラウドネイティブな IoT システム構築
D-2-113:50-15:20
トレーニング
“Cloud Foundryではじめるクラウドネイティブ・フロントエンド開発”
富士通株式会社
E-2-3
デジタル変革を加速するコネクティッド基盤
G-2-3
国内最大級のOpenStackパブリッククラウド FUJITSU Cloud Service K5を支えるコンテナとCI/CD技術
H-2-113:50-15:50
トレーニング
“Ansibleによる IT Automation 速習ワークショップ”
レッドハット株式会社
14:45-15:25 B-2-4
KDDIが実践した内製OSSハンズオンラボの作り方
C-2-4
”OpenShiftとCoreOSで楽に運用するエンタープライズKubernetes”
レッドハット株式会社
E-2-4
Kubernetesのセキュリティのベストプラクティス
G-2-4
SpinnakerとKayentaで高速・安全なデプロイ!
15:30-15:45 JK-2-4
”OpenStack Summit Vancouver や KubeCon EU 2018 でおもしろかったもの”
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社
16:00-16:40 B-2-5
高性能なNFVインスタンスの収容効率向上に向けた挑戦
C-2-5
Googleのソフトウェア開発を支えるテクノロジー
D-2-216:00-17:30
トレーニング
“Cloud Foundryではじめるクラウドネイティブ・フロントエンド開発”
富士通株式会社
E-2-5
GPU コンピューティング最新情報
G-2-5
既存企業のPaaS導入事例に学ぶ、これからのシステム開発/運用に求められること
H-2-216:00-18:00
トレーニング
“Ansibleによる IT Automation 速習ワークショップ”
レッドハット株式会社
16:55-17:35 B-2-6
詳細後日
C-2-6
Zuul と OpenStack で作る気の利いた CI 環境
E-2-6
マルチテナント環境のKubernetesによるGPU演算基盤技術検証
G-2-6
ソフトバンクにおけるOpenShiftでDevOps
17:50-18:30 B-2-7
詳細後日
C-2-7
Prometheusによるクラウドネイティブなモニタリングとは
E-2-7
AWS/Azure/GCP機械学習サービス徹底分析
G-2-7
KubeFlowによるkubernetes上での機械学習タスク管理
時 間 Room C+D+E Room J+K Room B Room C Room D Room E Room G Room H